中国人配偶者との結婚、在留資格手続き。

結婚手続きの特徴

 先に日本で婚姻した場合、駐日中国総領事館では日本で婚姻したことを報告する手続きはありませんので、中国政府発行の結婚証明書を得ることはできなくなるのです。配偶者が日本で暮らすための在留資格手続きにおいて不都合となりますので先に中国で婚姻登記を済ませてから日本で届出を行うのが一般的です。基本的には中国全土共通ですが、必要書類については各地方により違いが有るようです。事前に配偶者の戸籍地にある民政局(結婚登記処)にお問い合わせ下さい。


中国人との結婚手続きサポート内容
  • 日本人婚姻要件具備証明書の日本国外務省及び駐日中国総領事館での認証手続き代行。
  • 配偶者となった中国人を呼び寄せるための入国管理局での在留資格手続き代行。
  • 市役所での婚姻届及び在留資格手続きに必要な書類の説明、中国文書の翻訳
  • 中国人配偶者の日本入国後の手続き説明(住民登録、運転免許、出産、親族呼び寄せ)
経験豊富な専門家が丁寧にご説明させていただきます。

状況別の中国人との結婚手続き手順

日本人が現在住んでいるのは?

日本

中国
中国人が住んでいるのは?

中国

日本
中国人の在留資格は?

技能実習生

留学、就労、定住者など

オーバーステイ状態
実習先が二人の結婚に協力して

くれる。

くれない。

①日本人が中国に出向いて先に中国側の婚姻をしてください。日本人の婚姻要件具備証明書には中国総領事館での認証が必要です。中国人が技能実習生の場合は、実習先会社の協力がなければ、実習終了後に二人で中国に出向いて手続きしてください。

②先に日本で婚姻届をすることが可能です。オーバーステイの方は日本の婚姻届出後に入国管理局に出頭し、在留特別許可の手続きをしてください。

結婚手続き(相手が中国在住の場合)

先に中国の民政局登記処で婚姻登記をする手続き。

◆日本人が戸籍謄本がある役場にて戸籍謄本を取得し、お住まいの所在地を管轄する法務局に、婚姻要件具備証明書を発行してもらう。

  • 戸籍謄本
  • 認め印
  • 中国の婚約者の方の身分証明書のコピー(生年月日、国籍、名前がわかるもの)

◆外務省にて、当該婚姻要件具備証明書の認証を受ける。

  • 免許証等の顔写真付き身分証明書

◆外務省にて認証を受けた婚姻要件具備証明書を駐日中国総領事館にて認証を受ける。

  • パスポート
  • 外務省認証後の婚姻要件具備証明書の裏表のコピー
  • 5,160円
駐大阪中国総領事館認証シール
日本人の婚姻要件具備証明書の認証手続き代行はこちら

※日本人に離婚歴がある方は離婚届記載事項証明書が必要です。認証については婚姻要件具備証明書と同様です。

中国での結婚手続きと必要書類

◆外務省及び駐日中国総領事館にて認証を受けた婚姻要件具備証明書他、必要書類を携えて中国に渡航。(日本での婚姻届には中国在住の配偶者の署名をするところがありますので、中国にてご結婚される際に、当該婚姻届も一緒に持って行って頂くのがよいでしょう。)

法務局発行日本人の婚姻要件具備証明書

◆二人で民政局結婚登記処に出向き結婚の申請。(中国での必要書類は事前に中国人婚約者に確認してもらっておきましょう。)

日本人の必要書類

  • パスポート
  • 婚姻要件具備証明書

中国人必要書類

  • 戸口簿
  • 住民身分証明書
  • 婚姻状況証明書
民政局結婚登記申請書
民政局結婚登記声明書日本人
民政局結婚登記声明書中国人
民政局結婚登記声明書証人

◆審査後、民政局結婚登記処で婚姻登記と結婚証の発行を受ける。

中国の民政局発行結婚証表紙
中国の民政局発行結婚証

◆結婚証を持って公証処に出向き、結婚公証書と中国人配偶者の出生・国籍の公証書の発行を受ける。(要求すれば公証処が日本語訳を付けてくれます)。

公証処発行の公証書
公証処発行結婚公証書
公証処発行結婚公証書日本語訳

日本での婚姻手続き

◆結婚公証書他を添付し、市区町村役場へ婚姻届を提出。(婚姻届出書には中国人配偶者の署名は必要ありません。)

  • 婚姻届
  • 戸籍謄本 (本籍地以外に婚姻届の場合)
  • 結婚証明書(相手中国人)
  • 国籍証明公証書(相手中国人)
  • 出生公証書(相手中国人)

※数日後、日本人の戸籍に中国人配偶者の名前が漢字で記載されます。中国人配偶者は日本国籍者ではないので、俗に言う入籍とはなりません。婚姻の報告が受理されたことの証明となります。

中国人配偶者記載の戸籍謄本

中国での結婚要件と効力

婚姻年齢 男22歳、女20歳(父母の同意なしに結婚の手続きができます。)
婚姻の要件
  • 婚姻が双方の自発的意思によること
  • 直系血族、または4親等以内の傍系血族でないこと
  • 結婚すべきでない疾患にかかっていないこと
  • 重婚でないこと

※離婚女性の再婚禁止期間の規定は中国の婚姻法にはない

保証人 原則不要
婚姻の効力 原則民政局での婚姻登記
外国で婚姻した場合 原則届出不用
婚姻の証明 原則民政庁(局)発行の結婚証明書

中国人との出会いのパターン

当事務所に相談に来られた、中国人配偶者との出会いのパターンは主に6つです。

  • 駐在中、または長期出張中に職場、飲食店または現地中国人スタッフの紹介などで出会う。
  • 日本在住の中国人配偶者のの親族を親族訪問で来日してきたり、又はお見合いを勧められたり。
  • インターネットの紹介サイトで出会う。
  • 就労ビザや留学ビザの日本在留中に出会う。
  • 中国人配偶者が日本人の配偶者として日本在留中、前婚が破たんしたので再婚相手として。
  • 日本人の勤務先に中国人配偶者が研修生として配属されて出会う。

 当事務所ではいずれの出会いパターンでも、入国管理局に提出する結婚経緯書の作成実績が多数あります。

再婚禁止期間中の結婚と在留資格

 まず、外国人配偶者は日本人の配偶者と離婚または死別し、その身分が「日本人の配偶者」で無くなった日から14日以内に、地方入国管理局に届けなくてはなりません。また、正当な理由がなく 、配偶者としての活動を6か月以上行わないで在留はできません。(離婚してから6か月以内に退去すること)

女性の再婚禁止期間後に別の男性と再婚する場合。

 民法第733条①「女は、前紺の解消又は取消しの日から6箇月を経過した後でなければ、再婚をすることができない。」は日本人と婚姻する外国人にも適用されます。離婚した外国人女性は前婚終了から6か月間再婚できません。「日本人の配偶者等」の在留期限が6か月以上残っている方で新しい結婚相手が決まっている方は入国管理局に報告し、再婚禁止期間経過後、速やかに婚姻手続を行い、不法滞在にならないようにしなければなりません。

女性の再婚期間中に在留期限が来てしまう場合。

 離婚後新しい日本人のフィアンセが居るのものの、再婚禁止期間に在留期限が来てしまう場合は、入国管理局の指示に従います。本国に戻れない正当な理由と再婚相手が居る場合、短期滞在在留特別許可の手続きにより、本国に帰らずに済む事もあります。

 離婚後新しい日本人のフィアンセが居るのものの、再婚禁止期間に在留期限が来てしまう場合は、入国管理局の指示に従います。本国に戻れない正当な理由と再婚相手が居る場合、短期滞在在留特別許可の手続きにより、本国に帰らずに済む事もあります。

中国人との結婚事例紹介

①技能実習中:研修生の中国人と結婚する場合

②中国駐在勤務の時に知り合った中国人と結婚する場合

③出会い系サイトで知り合った中国人との結婚する場合

④日本人に離婚歴がある場合

⑤中国人に離婚歴がある場合

⑥オーバーステイの中国人と結婚する場合

⑦過去の日本在留状況が不良の中国人と結婚する場合

⑧中国人結婚相手に連れ子がいる場合

⑨中国人結婚相手との間に日本人の実子がいる場合

⑩中国人結婚相手が妊娠している場合

⑪中国人結婚相手の在留期限が目前の方の場合

⑫カラオケ店、マッサージ店で知り合った中国人女性と結婚する場合

⑬夫が中国人で妻が日本人の場合の生活費支弁能力を証明する方法

中国人との 結婚手続きQ&A

経験豊富な専門家が丁寧にご説明させていただきます。

入国管理局での結婚ビザの手続きサポート

 勝山兼年行政書士事務所では、日本人配偶者に成り代わって、 入国管理局での中国人配偶者のビザ・在留資格申請手続きを代行させていただきます。

結婚ビザ・在留資格(日本人の配偶者等)手続きサポート内容
  • 個別具体的な状況に応じた必要書類の収集の案内。
  • 申請書の他、結婚経緯書、適宜理由書などの作成。
  • 入国管理局での申請手続き(追加書類の提出なども含む)
  • 許可後の中国人の日本入国の案内
  • 更新手続きな中国人の日本での生活に関わる行政手続きなどアドバイス。

中国人配偶者日本呼寄せ手続きはこちら

中国人配偶者日本入国後の手続きはこちら

06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

入管手続・在留資格・帰化をお考えの方無料でご質問にお答えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ