外国人との結婚ビザQ&A

Q:外国在住の外国人女性と国際結婚し、将来は日本で暮らしたいと考えていますが彼女は過去に不法滞在歴があるとのことです。配偶者としての結婚ビザは許可されますでしょうか?

A: 外国人配偶者はおそらく、退去強制又は出国命令の処分を受け、日本への上陸拒否にあたると思われます。

 「日本から不法残留等を理由に退去強制された者や出国命令を受けて出国した者は,入管法の規定に基づき,原則として,一定期間(これを上陸拒否期間と言います。)日本に上陸することはできません。」

 処分を受けた際に上陸拒否期間について説明を受けていると思われます。もし、上陸拒否期間について記憶がない場合でも、入国管理局では在留資格手続前に詳細を教えてくれることはありません。在留資格認定証明書が不交付になった際の理由を聞きに行った際に教えてくれることはございます。

  外国人配偶者の上陸拒否期間内であっても、日本人と結婚をして一年以上経過していれば、在留資格認定証明書交付申請において、上陸拒否期間満了前でも特別上陸許可が成される場合があります。

 しかし、上陸拒否期間を満了したからと言って何も問題にされず、在留資格認定証明書が交付されるわけでは御座いません。 外国人配偶者のは意以前の在留状況について審査において影響しますので、通常の申請より慎重に書類を収集作成する必要がございます。

 上陸拒否期間が永久の方の場合、 「日本国又は日本国以外の法令に違反して1年以上の懲役又は禁錮等に処せられた者や麻薬,大麻,あへん,覚せい剤等の取締りに関する法令に違反して刑に処せられた者は,上陸拒否期間に定めはなく,日本に上陸することができません。」

 日本人と結婚後、一年以上経過し、刑の執行が満了したのち十0年が経過すれば、在留資格が許可される可能性が出てきます。それ以前で申請しても、入国管理局がど審査することは殆どないでしょう。

 過去に不法残留経験のある方との結婚は、退去強制時の処分について確認されることをお勧めします。

結婚ビザの申請手続きサポートへ戻る

06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

外国人配偶者との日本での暮らしをお考えの方ご質問にお答えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ